レビトラ

飲んですぐ効く即効性が魅力のレビトラ

ED治療薬の中でも即効性があって突発的なときにも対応できる

第二世代のED治療薬として根強い人気がある


>>レビトラを購入する
レビトラはバイアグラの次に誕生して日本でも2004年6月から販売がスタートしたED治療薬です。

バイアグラよりも即効性が高いということもあり、世界中で利用者が多く世界100ヶ国以上、1000万人と言う人が利用しているED治療薬です。

先進医療として名高い医療大国ドイルの大手医薬製造メーカーのバイエルヘルスケア社が作り、レビトラの語源はラテン語で【男の生命】からつけられました。

世界に誇るバイエル薬品会社せいということもあり、非常に信頼性が高いです。

バイアグラやシアリスとの違いはやはりなんとしても服用してからの効果が現れるまでの時間が非常に早いと言うことです。

空腹時で服用した場合は最短15分から勃起に至るといわれていますし、個人差はあれど、大体30分~45分の間で効果が現れる実験データとなっています。

またレビトラの効果作用時間は10mgで作用時間5~6時間、20mg錠でで8~10時間でバイアグラよりも持続作用時間が長いと言う点が上げられます。即効性と長く作用するいう点で「使い勝手のいいED治療薬」として人気があります。

決まった特定のパートナーがいて性行為をすることが決まっているのであればある程度時間をのんびりかけて性行為をすることは可能ですが、付き合いたてやまだ性行為をする関係でないのであればいつベッドインになるのか分かりませんよね。

急な展開でホテルに行くとなってもホテルで先にシャワーを浴びてもらっている時にレビトラを服用しても十分間に合うのが利用者からしてみれば助かる点でもあります。

レビトラの主成分「塩酸バルデナフィル水和物」



レビトラは、有効成分として塩酸バルデナフィル水和物(Vardenafil hydrochloride hydrate)を含有おり、バイアグラのシルデナフィルと非常によく似た化学構造式を持っていてどちらも作用機序は基本的には同じです。

バイアグラとの違いはレビトラに使われる塩酸バルデナフィル水和物のほうがバイアグラと比べると薬を飲んでから効果が出るまでの時間が早く副作用も少ないのでバイアグラでは副作用が辛いや効果が現れるのが遅いと言う人にはおすすめです。

高容量のレビトラ20mgがおすすめ

レビトラには三つの規格が用意されており、「5mg」、「10mg」、「20mg」がありますが基本的に病院で処方されるのは「10mg」か「20mg」の二つです。

「5mg」のほうは主成分があまり入っていないので本当に軽度のED患者にしか処方されません。「10mg」か「20mg」かどちらかですが、ここでは「20mg」をおすすめしています。

その理由としてはもし「10mg」を購入して効果が実感できなかったらせっかく購入したものが全て無駄に終わってしまいますよね。しかし、「20mg」の場合は「10mg」の2倍の成分が入っているので効果が現れやすいですよね。

「10mg」と「20mg」の料金の差は通販サイトで購入をすれば1錠あたりの差額は100円前後です。100円前後の差で「10mg」を購入するよりも確実に効果が現れるであろう「20mg」を購入したほうがいいと思います。

もし購入して副作用が強く現れてしまった場合はピルカッターなどで半分にカットしたりすれば節約できます。

ですから購入するのであれば「20mg」を購入するようにしましょう。

レビトラの特徴

レビトラを実際に服用した人の意見として多いのがレビトラを服用したことでかなり硬く勃起したと言う意見が多いです。

今までにないほどの硬さを維持することが出来て安心して性行為に臨めたという人の意見が多いですし、布一枚覆われたような感覚になったので早漏が改善できたという人の意見もあります。

あくまでも個人の意見ですが、非常に硬くなったという人の意見が大きいです。早漏でEDと言う人は意外と多いのでそういった人にはレビトラはうってつけのED治療薬ともいえます。

レビトラならば付き合いたての彼女とホテルに行く可能性があるけれどいつのデートで行くか分からないと言う人でもいつ服用しても間に合うと言う安心感があり、バイアグラよりも食事の影響を受けづらいと言う点が利用者から愛用されている理由です。


>>レビトラを購入する